症例報告

主訴:口が閉じにくい
初診時年齢:20代
診断:上下顎前突

治療前:上下前歯が出ています。口を閉じたときに口元の筋肉の緊張を認めます

治療計画
上顎左右第1小臼歯、下顎左右第2小臼歯を抜歯し、上下前歯を下げて口元の突出感の改善を図る

使用装置
マルチブラケット装置

治療期間:1年11カ月

治療後:個性正常咬合を獲得することができました。前歯の突出感も改善され、それに伴い、口輪筋の過緊張もなくなりました。

かかった費用(税抜き)
基本検査料:30000円
基本施術料:600000円
矯正抜歯費用:5000円×4

治療前        治療後

正面

上顎咬合面

下顎咬合面

右側

左側

*患者さんご本人の同意を得た写真を使用しております。なお、患者さんの状態はお一人お一人異なり、治療内容によっても治療結果は異なります。

川崎の矯正歯科 さくら歯科・矯正歯科


川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科
〒230-0001 神奈川県横浜市鶴見区矢向6-6-19 エンデバー横浜1F
TEL 045-573-7059

受け口・症例報告|院長ブログ|さくら歯科・矯正歯科


2020年06月24日

川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科

症例報告

主訴:受け口
初診時年齢8歳
診断:前歯部機能的要因を伴う反対咬合
治療前:前歯のかみ合わせが逆になっています
治療計画
機能的矯正装置(マウスピース)を使用し、受け口の改善を図る
使用装置
機能的矯正装置
マルチブラケット装置
治療期間:1年
治療後:正常咬合を獲得することができました。今後は萌え換わりの経過観察、顎骨の成長観察を行っていく必要があります。

かかった費用(税抜き)
基本検査料:30000円
基本施術料:300000円

    治療前         治療後

*患者さんご本人の同意を得た写真を使用しております。なお、患者さんの状態はお一人お一人異なり、治療内容によっても治療結果は異なります。

成長期の受け口の矯正治療(第1期矯正治療)の場合には、矯正治療後も顎骨の成長の経過観察を行っていく必要があります。場合によっては、下顎の成長により再び受け口になることがあります。その場合は、永久歯の萌出状態や顎骨の成長終了をめどに第2期矯正治療(本格的な矯正治療)に移行していきます。

また、受け口の程度がある場合には成長期には矯正治療を行わず、顎骨の成長の経過観察を行い、成長終了時に外科的矯正治療も視野に入れて矯正治療を行っていく場合もあります。

川崎の矯正歯科 さくら歯科・矯正歯科


川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科
〒230-0001 神奈川県横浜市鶴見区矢向6-6-19 エンデバー横浜1F
TEL 045-573-7059

症例報告

主訴:上の奥歯が2本少ない
初診時年齢:16歳
診断:上顎左右第2小臼歯先天的欠如を伴う空隙歯列

治療前:永久歯の先天的欠如により、乳歯が残っており、また歯が足りないため歯列に隙間を認めます。

治療計画
残存乳歯の抜歯し、空隙閉鎖を図る

使用装置
マルチブラケット装置

治療期間:1年11カ月
治療後:空隙を閉鎖し、個性正常咬合を獲得することができました。

かかった費用(税抜き)
基本検査料:30000円
基本施術料:600000円

              治療前              治療後

*患者さんご本人の同意を得た写真を使用しております。なお、患者さんの状態はお一人お一人異なり、治療内容によっても治療結果は異なります。

患者さんの中にはもともと永久歯が欠損している患者さんがいらっしゃいます。その場合、ある程度の年齢になっても乳歯が萌えかわらないで残っていることが多いです。先天的欠如歯の好発部位としては、下の前歯、上下小臼歯があります。レントゲンを撮るとわかりますが、ご本人は気づかないことも多いのである程度の年齢になったら一度レントゲンを撮ってみるのもよいかもしれません。

因みにこちらの患者さんは他院で欠損部位の治療としてインプラントを勧められて当院に来院されました。歯牙欠損部位の治療としては、ブリッジ、入れ歯、インプラントによる補綴治療、ならびに矯正治療による空隙閉鎖による治療がありますが、今回は矯正治療により欠損部位の治療を行いました。

どの治療方法にもメリット、デメリットはありますが、矯正治療の良いところは一口腔単位で治療を行うため、欠損部位だけではなく、ほかの部位も理想的な状態にすることができます(こちらの患者さんであれば前歯の隙間や出っ歯、左側のねじれてかみ合っていない歯の改善など)。

当院では様々な治療に対応することが可能ですので、ご不明な点がございましたら、いつでもご相談お待ちしています。

川崎の矯正歯科 さくら歯科・矯正歯科


川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科
〒230-0001 神奈川県横浜市鶴見区矢向6-6-19 エンデバー横浜1F
TEL 045-573-7059

でこぼこ(八重歯・開咬)・症例報告|院長ブログ|さくら歯科・矯正歯科


2020年04月29日

川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科

症例報告

主訴:右で噛みにくい、上の前歯の歯並び
初診時年齢:18歳
診断:左奥歯の機能的要因を伴う開咬症例・犬歯低位唇側転位、下顎骨右側偏位
治療前:左側第2大臼歯でしか咬合していません
治療計画
上顎左右第1小臼歯、下顎左右親知らず抜歯
使用装置
マルチブラケット装置
治療期間:1年6カ月
治療後:個性正常咬合を獲得することができました。叢生は改善され、右側での咬合も獲得できました。

かかった費用(税抜き)
基本検査料:30000円
基本施術料:600000円
矯正抜歯費用:5000円×2

正面

上顎

下顎

*患者さんご本人の同意を得た写真を使用しております。なお、患者さんの状態はお一人お一人異なり、治療内容によっても治療結果は異なります。

川崎の矯正歯科 さくら歯科・矯正歯科


川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科
〒230-0001 神奈川県横浜市鶴見区矢向6-6-19 エンデバー横浜1F
TEL 045-573-7059

10代 男性

主訴:上の前歯がねじれている

治療内容:上顎左右第1小臼歯を抜歯し、唇側から矯正治療を行いました。

治療期間:1年5か月

矯正治療前の口元
p5150282
p5150284

矯正治療前の歯並び
p5150275
p5150276
p5150278
p5150279

矯正治療後の口元
pb252632
pb252634

矯正治療後の歯並び
pb252626
pb252627
pb252629
pb252630

矯正治療前後の口元の変化
p5150282
pb252632
p5150284
pb252634

矯正治療後のアンケート
%e7%b3%9f%e8%b0%b7%e6%a7%98

Q1.治療を終えてのご感想

A.1年半という短い期間の中でしたが、とてもキレイな歯にさせて頂き、本当に感謝です!これから思い切り笑うことができそうです。

Q2.歯並びを治してよかったですか?

A.はい。調整の度に痛みが出たりして、何回も嫌になりましたが、最後、器具をはずした時に本当にしてきてよかったな!と思えました。

Q3.お友達、ご家族の反響はいかがですか?

Q4.これから治療を考えている方、悩まれている方へ

A.矯正することを本当にオススメします。最後、絶対して良かった!と思えます!

Q5.さくら歯科・矯正歯科を選んでいただいた理由は何ですか?

A.一般の矯正器具といえば、1目で「矯正している」と分かるような全て金属の器具と思っていたのですが、さくら歯科さんはみえにくい器具で自分は見た目を気にしていたので、見えにくいという点はとても良いなと思いさくら歯科さんを選びました

最初は上の前歯だけの部分矯正を希望していた患者様ですが、全体的な矯正治療の必要性を理解していただき、抜歯をして矯正治療を行いました。矯正治療後、こんなにも満足していただき、私もうれしく思います。

今後も患者様のご希望に添うことができるように日々精進していきたいと思います。


川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科
〒230-0001 神奈川県横浜市鶴見区矢向6-6-19 エンデバー横浜1F
TEL 045-573-7059

舌側矯正|院長ブログ|さくら歯科・矯正歯科


2016年12月09日

川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科

こんにちは。川崎・横浜の矯正歯科、さくら歯科・矯正歯科の院長の森と申します。

 

今回は舌側矯正について取りげてみたいと思います。

最近では表側からの矯正治療でも、ブラケットの審美性が向上していて昔ほど目立たなくなってきていると思っていますが、それでも審美性を気にされ、舌側矯正を希望される患者さんが多くなってきている気がします。

舌側矯正の場合は矯正治療の費用が少し高くなったり、治療期間が少し長くなったりしますが、矯正治療をしているのをほかの人に知られたくない、矯正装置が見えるのが嫌だといった審美的な側面を気にされる方が選択することが多いと思います。

その点を踏まえて、できるだけ矯正治療を行っていることを気づかれないように、表側からの矯正治療では行わないような特別な配慮をしています。

舌側矯正患者さんの矯正治療中の正面観
pa182483
側面観
pa182485
側面観
pa182484

抜歯をして矯正治療を行う場合には、どうしても初期の段階では抜歯空隙が歯抜けの状態となり、目立ってしまいます。
そこで、抜歯空隙が目立たないように、歯を抜いたところに仮歯を接着剤でつけます。調整ごとに仮歯を削って歯が動きやすい状態にして調整していきます。

矯正治療中は顎間ゴムをよく使いますが、舌側矯正の場合は金属のボタンではなく、透明な樹脂製のボタンを接着剤でつけています。

咬合面観
pa182486

舌側矯正の場合、下の前歯が上の前歯の舌側に噛み合わさるため、、かみ合わせが深い場合は舌側にブラケットを付けづらいことがよくあります。その場合、上顎の奥歯にブラスチック的な素材(青色のもの)を盛って、かみ合わせを上げて、矯正治療を進めていくことがあります。もちろん最後には全部きれいに外します。

川崎・横浜の矯正歯科 さくら歯科・矯正歯科
院長 森徹


川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科
〒230-0001 神奈川県横浜市鶴見区矢向6-6-19 エンデバー横浜1F
TEL 045-573-7059

インプラント矯正|院長ブログ|さくら歯科・矯正歯科


2016年09月15日

川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科

川崎・横浜の矯正歯科、さくら歯科・矯正歯科の森徹です。

すっかりご無沙汰となりましたが、矯正治療で最近行っているインプラント矯正を取り上げてみたいと思います。

矯正用のインプラント、当院では8mm前後の矯正用インプラントをよく用いています。
いままで矯正治療では動かすことが難しかった方向に歯を動かしたり、矯正治療がシンプルになったり、治療期間の短縮にもつながったりします。

実際の処置は少しだけ麻酔を行い、特殊な器具で矯正用インプラントを埋入します。
よく怖がる患者さんもいらっしゃいますが、通常の抜歯よりも負担はかなり少ないです。
処置の時間は数分で終わり、術後の痛みもほとんどないみたいです。治療後、逆に回して矯正用インプラントを除去します。歯を失った方がされるインプラントとは全く別物です。

出っ歯の治療で前歯を積極的に下げないといけない時に矯正用インプラントを用いています。
p4191343

下顎の奥歯を手前に動かすために矯正用インプラントを用いています。下顎大臼歯を手前に動かすのは結構大変です。
p3131210

舌側矯正で前歯を下げるために矯正用インプラントを用いています。歯根の位置を診て、安全なところに埋入しています(第1大臼歯と第2大臼歯の間)。
p7111875

舌側矯正で前歯を下げるために矯正用インプラントを用いています。歯根の位置を診て、安全なところに埋入しています(第2小臼歯と第1大臼歯の間)。
p7301997

上顎大臼歯を遠心移動するために矯正用インプラントを用いています(上顎結節に埋入しています)。
p8052017

前歯部の圧下に矯正用インプラントを用いています。
p5091660

少しでも患者さんの負担を減らして、効率よく短期間できれいに歯並びを治すことができるように日々精進していきたいと思っています。

川崎・横浜の矯正歯科 さくら歯科・矯正歯科
           院長 森 徹


川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科
〒230-0001 神奈川県横浜市鶴見区矢向6-6-19 エンデバー横浜1F
TEL 045-573-7059

短期間の矯正治療例|院長ブログ|さくら歯科・矯正歯科


2015年04月28日

川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科

こんにちは、川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科 院長の森です。

今回は短期間の治療例をご紹介します。

before
治療前

after
治療後

年齢:7歳

性別:女性

治療期間:6か月

矯正治療は治療期間がかかるというイメージがあるかもしれませんが、短期間で終わるケースもあります。

 


川崎・横浜|さくら歯科・矯正歯科
〒230-0001 神奈川県横浜市鶴見区矢向6-6-19 エンデバー横浜1F
TEL 045-573-7059